Lasenkan通信

 

----- Original Message -----
From: らせんかん
To: みなさま
Sent: Monday, June 01, 2015 12:57 AM
Subject: らせん館通信

2015年 6月公演と7月公演のご案内Lasenkan Theater Berlin

劇団らせん舘ベルリンは、1989年から98年の公演作品を
「劇の旅 第1部」として、コラージュで公演します。

「劇の旅 第一部」初演
   (上演言語は、主にドイツ語)

内容:
 「出世景清」近松門左衛門作 (1989年公演作品)
 「風に咲く」秋浜悟史 作(1991年公演作品) 
 「ちりぬるを」秋浜悟史・嶋田三朗作
  (『ヴォイツェック』をもとに)(1996年作品)
 「ティル」多和田葉子作(1998年公演作品) 

演出・音・パーカッション: 嶋田三朗
出演: 市川ケイ、とりのかな、Alejandra Langner


2015年6月11日(木) 
20時開演
        12日(金) 20時開演
        13日(土) 20時開演

 場所: ブロートファブリク Brotfabrik
     
住所:Caligariplatz 1,  13086 Berlin
      最寄り駅:Prenzlauer Allee/Ostseestr.  
          交通:Tram M2, 12, M13

 チケット予約: karten@Brotfabrik-berlin.de
                   Telefon: 030 47140-01
              www.BROTFABRIK-BERLIN.DE


2015年7月17日(金)
 20時開演

 場所: ナッハバーシャフツハウス ウアバンストラッセ
     
Nachbarschaftshaus Urbanstraße
    
 住所:Urbanstraße 21,  10961 Berlin
      最寄り駅: U-Südstern から徒歩7分。
             U-Prinzenstraßeから徒歩10分。
             バス140番で、駅Urbanstraße/Baerwaldstraße下車。
             バスM41番で、駅Geibelstraße下車すぐ。

 チケット予約: Tel. 030 690 4970

チケット:10ユーロ /erm. 7ユーロ

問い合わせ先(予約も可):
 劇団らせん舘 LasenkanTheater@t-online.de
                       www.LasenkanTheater.de

劇団らせん舘

 

----- Original Message -----
From: らせんかん
To: みなさま
Sent: Monday, April 27, 2015 19:07
Subject: らせん館通信

vielen Dank immer.

Wir haben die folgende Aufführung im Mai 2015:

17. Mai um 11 Uhr und 16 Uhr
in der Brotfabrik  Berlin
GOOSCH DER CELLIST
Schauspiel mit dem Lasenkan Theater Berlin für Kinder, Jugendliche und Erwachsene.

Wir schicken Ankündigungstext und Bildmaterial zu „Goosch der Cellist“.  

Beste Grüße,
Lasenkan Theater Berlin

Goosch der Cellist  

Schauspiel mit dem LasenkanTheater Berlin für Kinder, Jugendliche und Erwachsene 

So 17. Mai  2015  Brotfabrik     11Uhr und 16Uhr  

Caligariplatz 1, 13086 Berlin
Haltestelle:Prenzlauer Allee/Ostseestr.   M2,12, M13,

In einer Stadt gab es ein Symphonieorchester und in dem Orchester gab es auch einen Mann, der das Cello spielte. Dieser Mann hieß Goosch. „Sie Goosch, Sie machen mir die größten Sorgen. Ihnen fehlt jeglicher Ausdruck!—Kein Zorn, keine Freude—gar kein Gefühl.“ Nun wollte man im Festsaal der Stadt ein großes Konzert aufführen:die Sechste Symphonie. Schon in wenigen Tagen sollte es soweit sein.  Am Abend fing Goosch an, auf seinem Cello zu spielen;er spielte und spielte. Mitternacht war schon längst vorüber. Und gerade jetzt klopfte es hinter ihm an die Tür….    Es war der Kater, den er schon einige Male gesehen hatte….   Jeden Abend hatte er Besuch:ein Kater, ein Kuckuck, ein Dachs…
 Ein Märchen von Kenji Miyazawa(1896-1933), einem japanischen Dichter, Autoren. Das Stück wird in deutscher Sprache gespielt, mit der Ausdrucksform von Lasenkan Theaters:Sprache, Gesang, Musik und Tanz 
bilden eine Welt und durchdringen sich gegenseitig. Worte sollen körperlich werden und einen Klangraum formen, in dem selbst Dinge und eben auch Tiere eine eigene Stimme haben und sich uns mitteilen.

 


Regie und Klang: Saburo Shimada  Mit: Kei Ichikawa, Kana Torino
Schauspiel für Kinder, Jugendliche und Erwachsene
 Eintritt: 6€/4€ 

Das Lasenkan Theater Berlin: 
Gegründet erst in Amagasaki, Japan um eine moderne Theaterform an den Grenzen von Sprachen und Kulturen zu entwickeln. 
Lasenkan ist eine phonetische Umschrift aus den japanischen Zeichen für Spirale und Raum.
Seit 1989 gastiert in 18 Ländern(66 Städte) in Europe, Asien, Amerika, Ozeanien. 
Im 1994 begann Inszenierung der Multi-Sprachen Schauspiele in Berlin und in Canet de Mar bei Barcelona.
Seit Januar 2002 ist Berlin  künstlerischer Ausgangspunkt seiner Inszenierungen.   www.LasenkanTheater.de



劇団らせん舘

 

----- Original Message -----
From: らせんかん
To: みなさま
Sent: Thursday, August 07, 2014 10:20 AM
Subject: らせん館通信

 劇団らせん舘のニュースレター(日本語)を作りました。
 
   こちら。(PDFファイル約500KB)

 これからも、どうぞよろしくお願いします。

劇団らせん舘

 

----- Original Message -----
From: らせんかん
To: みなさま
Sent: Wed, 28 May 2014
Subject: らせん館通信

Lasenkan Theate Berlin 劇団らせん舘
月公演のお知らせ

STILL FUKUSHIMA
夕陽の昇るとき



多和田葉子作
(2013年に日本語とドイツ語で書き下ろされた作品)
演出 : 嶋田三朗
出演 : 市川 ケイ、とりの かな、
        フランチスカ・ローザ、
        ケースティン・アペル
パーカッション: 嶋田三朗

ドイツ語による初演と公演:

   6月13日  20時
     ブロードファブリックベルリン
   6月14日  20時
     ブロードファブリックベルリン
   6月15日  19時30分
     ブロードファブリックベルリン

     Brotfabrik Berlin
     Caligariplatz 1, 13086 Berlin
     http://www.brotfabrik-berlin.de   
     tel.:  030 4714001/2
     eMail: karten@brotfabrik-berlin.de

  6月22日  18時
    ベルクシュタット デア クルトゥーレン

    WERKSTATT DER KULTUREN
    Wissmannstraße 32
    12049 Berlin
     http://werkstatt-der-kulturen.de

  6 月27日  19時
    カフェ „Playing with eels“

    Cafe „Playing with eels“
    Urbanstraße 32
    10967 Berlin
     http://www.playingwitheels.de

 現代のわたしたちは、わたしたちが解決してこなかった問題をたくさん抱えています。1995年1月17日の阪神淡路大震災に被災していたから切実に感じる ことのできる問題もあります。 
 「夕陽の昇 るとき」は、母と娘、たぬきとラーメン屋、嫁と姑、少年と先生などの「二人の対話」を通して、福島の原子力発電所事故の後の日本の様子を描いた作品です。各10の場面で、率直に、ユーモアで、ずばり、トリックで、交わす会話を通じて、現実をしっかり見て生きていこうとしています。
 劇団らせん舘はこの戯曲を多様な動き、ダンス、音、浄瑠璃、歌謡の表現とパーカッションや笛の音楽で公演します。
 日常の中に会話力エネルギーを使い、面白みがあり活力のある現代生活をしたいと願いながら、この最新作を上演します。

 公演後にアフタートークもあります。

 皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

劇団らせん舘

 

----- Original Message -----
From: らせんかん
To: みなさま
Sent: Monay, Mar. 10, 2014
Subject: らせん館通信

Lasenkan Theate Berlin 劇団らせん舘
3月-4月公演のお知らせ

皆様、お元気でご活躍のことと存じます。
2014年春の日本公演のご案内をいたします。

昨年8月に大阪ドイツ文化センター「ドイツ同時代演劇リーディング・シリーズ」
第4回として、芦屋市谷崎潤一郎記念館で朗読上演しました、
多和田葉子書き下ろし新作戯曲
「夕陽の昇るときSTILL FUKUSHIMA Wenn die Abendsonne aufgeht」を、
2014年3月から4月に日本で、6月にはドイツで、演劇公演します。 

夕陽の昇るとき STILL FUKUSHIMA Wenn die Abendsonne aufgeht
  作/多和田葉子
 演出+パーカッション/ 嶋田三朗
  出演/市川ケイ、とりのかな、フランチスカ・ローザ
  (上演言語:主に日本語)

日本公演日程
  3月30日(日) 旧尼崎労働福祉会館 尼崎市東難波町4丁目18-32
             阪神電車「尼崎」駅より北へ徒歩8分。
             2回公演 1回目 13:30開演。
                   2回目 18:00開演。
  4月8日(火)  兵庫県立ピッコロシアター
             尼崎市南塚口町3-17-8 Tel. 06-6426-1940
             チケット扱い:劇団らせん舘およびピッコロシアター
             2回公演 1回目 14:00開演。
                   2回目 18:30開演。
             http://hyogo-arts.or.jp/piccolo/access/

また、4月13日(日)には、鳴門市ドイツ館で客演します。
   4月13日(日) 鳴門市ドイツ館 徳島県鳴門市大麻町檜字東山田55-2
             14:00開演
              http://www.doitsukan.com
              鳴門市ドイツ館にお問い合わせ・お申し込みください。

「夕陽の昇るとき」は、
母と娘、たぬきとラーメン屋、嫁と姑、少年と先生、などの会話を通して、
福島の原子力発電所事故の後の日本の様子を描いた作品です。
劇団らせん舘はこの戯曲を多様な動き、ダンス、音、浄瑠璃、歌謡の表現と
パーカッションや笛の音楽で公演します。
主に日本語による上演で、ときおりドイツ語表現もあります。
公演後にアフタートークもあります。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

公演のご案内(PDF)

劇団らせん舘